ますみさん家のとまと
ますみさん家のトマト栽培
原産地(アンデス)と同じ生育状態に近づけるよう昔からの栽培法(土耕)で、水を最低限に抑えながら育てています。
土耕栽培は、水耕で作るより旨みのあるトマトができます。
しかし、自由にコントロール(水加減等)できないのが難点。
でも...実の一つ一つが個性的に育って面白さがありますね。
ますみさん家(ハウス)
単棟ハウスと連棟ハウスでtomato栽培
総面積 約30a(3,000屐900坪)
約1万本の樹から収穫しています。
ますみさん家の肥料
昆布・米ぬか・海藻などを乳酸発酵させ、ミネラル分・アミノ酸類・ビタミン類等の60種類以上の微量要素で栄養を補ってます。(人の体と同じなんですねぇ〜)
栽培するきっかけ
ほとんど野菜作り経験のなかった私。
数年前に知人からいただいたタマネギがきっかけで、永田農法の存在をしり、すぐに、先生の畑を訪問
いろいろな野菜を賞味してそのおいしさに感動...。
約1年間でしたが、先生の畑のお手伝いをさせてもらい、野菜づくりの楽しさを味わってきました。
永田農法で栽培しているトマトを食べ...甘味と酸味がバランスよく取れたトマトで驚き...
このトマトの味を皆さんに知ってもらいたいと思い、先生からトマト農家を紹介していただき、浜松から北海道奈井江町(とまと屋さんにった)へ、フルーツトマト栽培を勉強してきました。
現在 永田農法を原点に...思考錯誤しながら栽培しております。
*永田農法:作物本来の美味しさを引き出す農法